2007年10月05日

断熱、造作工事


こんにちは


10月に入りましたね。今年も、もう衣替えの季節がやってきました。

この時期に入ると飛騨地方は一気に寒くなります。

今日の所は晴れて過ごしやすい日となっておりますが・・・・・


M様邸では先日からセルロースの吹込みが行なわれ、三日ほど前に完了しました。

家も大きい事もあり、5日間ほど掛かりました。全部で110袋ほど入ったようですよ。

ちなみに一袋約4u程です。

RIMG1163.JPGRIMG1166.JPG

先日紹介したオレンジ色の機械でセルロースファイバーを細かく砕き

ホースによって吹き込みを行ないます。右の写真は一階リビングの天井への

吹き込みの様子です。

M様邸では二世帯住宅の為、一階リリビングの真上には二階のリビングがあります。

よって二階からの防音の為、一階の天井にはセルロースファイバーを施工します。

二階の勾配天井部分にも吹込みが行なわれ、断熱効果は問題なしです。手(パー)


さて吹込みが終われば壁材となるプラスターボードの施工が行なわれます。

RIMG1169.JPG


大工さんが壁の形状に合わせてプラスターボードを張っていきます。

こちらは仕上げ材のフィニッシュコートやクロスとの相性もあるため、出来る限り

ボードで施工します。あらかじめ重いものを取り付ける所などには

木材で下地を打って施工しています。

そして同時に行なわれるものがシステムバスの組立てです。

システムバスが搬入されました。組立て予定は6日の予定です。

RIMG1175.JPG

こちらはロビンのサービスでもある施主支給によるもの。

人間が行なう工事などは比較検討したりお金で買えませんが、このようなシステムバス等の

設備品は物販なので比較検討が出来、よりやすく購入した方が良いですよね。

M様もインターネットで購入されました。

お客様任せというわけにもいかないので、そこはプロである私達が一度

チェックを入れまし様々なアドバイスをさせて頂きますのでご安心を!!!



一方外部では化粧庇の取り付けと、外断熱パネルが張られ、左官屋さんによる下塗りに

入っています。

バルコニーの木手摺なども取り付けられ、非常にかっこよく出来ているのですが

カメラの調子が悪く(現場で落としすぎて故障したかも)外の写真が

しっかり撮れませんでしたもうやだ〜(悲しい顔)

次回は是非紹介したいと思います。
posted by ロビン高山 at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。