2007年09月21日

造作工事


こんにちは 会社のパソコンの不調で更新が一日遅れて

しまいました。まだまだアナログ人間な私には対応できず・・・

お許し下さい。

さてM様邸では引き続き大工工事が進んでおります。

二人で一階と二階と分かれて施工していますのでハイピッチで

進んでおりますよ。

セルロースの吹き込み予定は今月末か来月頭の予定です。

大きな家ですので3日ほど掛かるでしょうか。

内部の壁の造作の様子です。


RIMG1145.JPGRIMG1146.JPG

柱と柱の間に間柱と呼ばれる材料を使い間仕切壁を造っていきます。

そしてその上に胴縁と呼ばれる木材を床から1尺5寸(455o)ずつ

打っていきます。

この上に壁材のプラスターボード12.5oが張られるわけです。

また外周には前回紹介したロビンのロゴ入りのシートを張り、

セルロースファイバーふかれる訳です。


そしてこの暁住宅の特徴でもある、外部の化粧材が付けられました。

外部に張られているダイライトの上に施工をします。

外暖熱パネルの厚みが25oですので、それより厚い50oの化粧材が

取り付けられ塗装を行ないます。

写真では少し見ずらいですが、相当渋いですよ。

大工さんも上を見上げて

《渋い・・・・  うーん かっこいい・・・・》

とつぶやいておりました。

少し見ずらい写真ですが

RIMG1134.JPG

足場が外されるまでしばしお待ちを

そして来週をお楽しみに!!!
 

posted by ロビン高山 at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。